1. TOP
  2. 「愛される女」の秘密のテクニック〜甘える編

「愛される女」の秘密のテクニック〜甘える編

 2017/05/09 LOVE
 
LINEで送る

当サイトの恋愛記事担当ゆうほさんの恋愛セミナーが開催されるということで、セミナーにお邪魔してきました。

「恋愛セミナーってどういうことをするんだろう?」と思いつつ、セミナーの案内文を読むと…

  • 自信がなくていつも不安でいっぱい。
  • 嫌われるのが怖くて、いつもガマンしてしまう。
  • 甘えるのが苦手で、ほんとうは思ってもいない強い言葉や、可愛げない態度をとってしまう。素直になれない。

こんな私でも

  • 思いっきり彼に甘えられる。
  • ストレートに気持ちを伝えられる。
  • 自然体で恋愛を楽しめる。

ようになる、愛される女になるためのマインドやコミュニケーション術を伝授してくれる、というではないですか!き、気になるっ。これは既婚女性も、ご主人とのパートナーシップにも置き換えられますね。

本当にそうなれたら毎日楽しいんだろうなあ。

そんな淡い妄想をしながら、楽しみにしていたセミナーは、「先生がいる女子会」という雰囲気で、お菓子をつまみつつ、「おおっ」「なるほどっ」と唸ることばかりの、あっという間の2時間でした。

ゆうほさんに掲載の許可をいただき、セミナーで教わったことを、ぎゅぎゅっと濃縮してお伝えします。今すぐできることなので、すぐに試してみたくなりますよ♪

SNS恋愛コミュケーションの専門家 ゆうほ

読書が大好きで、恋愛心理学系の本を中心に1000冊ほど読み、 実践や自己流にアレンジしながら身につける。 その学んだテクニックを生かして、 今まで付き合ってきた人は全員2週間以内にオトし、 全員倦怠期知らずで年単位でお付き合い。

甘えるってどうすればいい?

まず、大人女子に多い「甘えること」の概念をひっくり返すお話。SNS恋愛コミュニケーション専門家、ゆうほさんのブログにも「甘え上手な女になる方法」というカテゴリーがあるほど。
なぜなら甘えることは、

ゆうほ
男の人は好きな人の役に立つことが喜び。喜ぶ姿に満足するので、重要なことなんです。

うーん。でも、甘えるって私のキャラじゃないんだよね…。

と、思ったアナタ。それって、もしかすると自分だけが思っているキャラかも。

意外と自分が思っているキャラと、周りの人が思う自分のキャラは違っていることが多い。ということで、他のセミナー受講者さんとペアを組んで、お互いの第一印象を言い合いました。

男女問わず、仲の良い友達に

「私ってどういうキャラに見えた?」

と、聞いてみるのも、違った自分を発見できて楽しいし、

「え!私はそういうキャラじゃなくて◯◯なのに」

と、自分にとっては「当たり前なところ」だけど、相手にとっては「意外な面」ということ。ギャップが分かりますね。「ギャプ萌え」という言葉もありますし、自分は「どう見られがち」なのか知っておくと、「おっ」となるギャップを見せることができそうです。

あなたが嫌いな「甘える女」のイメージを捨てる

やっぱり甘える私って、想像するだけで気持ち悪い…。

これ、私もよく思うことですが、何でも自分でできる人でありたいほど(長女さんに多いでしょうか)、甘える自分が許せないですし、素直に「甘える女が好きではない」というのもあります。

ゆうほ

でも、しっかりした人に甘えられると

「あ、頼ってもらえてるのかな?」

と、嬉しくなりませんか?逆にいつも頼ってもらえなかったら

「自分が力不足だから信用されないのかな…。」

「壁を作られてる」

など思ってしまいます。

これは恋愛だけでなく、仕事や友人関係にも当てはまりそうですね。とはいえ、急に甘えられないし、恥ずかしいものです。

ゆうほ

いきなり最初からはうまくできないですよ。まずは、小さな「甘えることができた」という事実を積みかさねること。

たとえば、宅配便のお兄さんや、コンビニの店員さんに

  • いつも「すみません」と言っていることを「ありがとう」に変える。

パートナーや気になる人に

  • ごはんを取り分けてもらう
  • ドアを「開けてくれたら嬉しい」、ペットボトルなどの固いフタを「開けて欲しいな」とお願いする

など、「甘えることができた」という経験が自信になり、恥ずかしさも消えて抵抗なく、自然にできるようになります。

なんとなく甘えるって、「媚びを売る」とか「女を出してる」といった、マイナスのイメージでした。けれど、こうして考えると、別に悪いことではないですね…。まずは「甘える」を意識するより、「頼ってみる」と考えたほうが、やりやすいかもしれません。

その「ひとこと」が男を変える!願望を伝える方法

「◯◯ちゃんは気がきくね。」

と言われると「え?そう?」と思い、意識してしまって気を配ることはありませんか?

人は相手にかけられた言葉のとおり、期待されたとおりの成果を出す傾向にあります。このことを心理学では「ピグマリオン効果」と言います。

ゆうほ
男性にしっかりしてほしかったら

「しっかりしてるね」「頼りになるね」

と声をかけると

「そっか!俺はしっかりしてるのか!よし!」

という具合にやる気がみなぎります。

でも、出来ていないのに、そこで調子に乗られるのが腹が立つんですー!

ゆうほ

なるほど。現状で満足されるのはこちらとしても望まないことなので、もっとやって欲しい、と思うことがあったら

「◯◯もしてくれると嬉しいな」

と伝えて、渋々でもなんでも、とりあえず少しでもやってくれたら

「さすが飲み込み早いね」

(飲み込み早いんだ、オレ)

「もう終わったの!?家事の才能あるんじゃない!?」

(才能あるんだ、オレ)

と褒めるのがオススメです。

とのことでした。うーん、これも「甘える」「頼る」ですね。

イライラしているので強い言葉になってしまい、喧嘩になり、そして「もう俺やらない」ってなってしまうんですよね…。お互い嫌な雰囲気で終わるより、いいかな。

ゆうほ

あ、あとですね、何かをしてもらって「ありがとう」と言うだけでは、男性は「これで良かったのかな?」「足りているかな?」と不安にもなるので

「うれしいな」「助かったよ」

と、ひと言を添えれば、さらに自信がついて、またやろう♪という気になりますよ。

まとめ

「恋愛にテクニックとか使うとか、ほんとうの自分を隠してる、相手をだましてるみたいでイヤだ」という声を聞きますが、テクニックは「自分を伝える術」だな、と思いました。

気になる人の前では緊張して、挙動不審になってしまって、思っていることと違うことを言ってしまったりするんですよね。そんなとき、「どうすれば伝えることができるのか(テクニック)」を知っておけば、少しでもモヤモヤすることを減らすことができそうです。

料理に例えると、「味噌汁は風味を保つために、お味噌を最後に入れて沸騰させない」など、ちょっとしたコツで、さらにおいしく仕上がる。

恋愛も同じようにコツを覚えると、最大限、自分を伝えることができます。今の状況を変えたいなら、今までとは違うことをする。恥ずかしいし、勇気がいりますが、それが突破口ですね。

「息してますか?」というくらい熱く、みっちりお話してくださったゆうほさん。次回は「さらに仲を深めるケンカ・不満の伝え方」をお伝えします。お楽しみに!

こちらの記事もCHECK! どんな甘え下手も甘え上手に変身する方法【前編】(ゆうほさんのAmebaブログ)

\ SNSでシェアしよう! /

MARIKOの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MARIKOの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

mariko編集部

mariko編集部

編集部の客観的な目線で、記事をお届けします。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 「愛される女」の秘密のテクニック〜甘える編

関連記事

  • 「早く仲直りしたい…」夫婦喧嘩の原因と解決法

  • 「彼氏ができない女」から脱却する方法

  • 【忘れられない恋愛】キセキの出会いと一方通行の結婚願望

  • バツ3男性の本音。結婚した理由と離婚した原因。結婚っていいものですか?

  • 失恋から立ち直る方法。〜早くこの辛さを忘れたい。

  • 奥手な女子でも出来る!好きな人への効果的なアプローチ