1. TOP
  2. LOVE
  3. バツ3男性の本音。結婚した理由と離婚した原因。結婚っていいものですか?

バツ3男性の本音。結婚した理由と離婚した原因。結婚っていいものですか?

 2017/01/31 LOVE
 
LINEで送る

「結婚がめんどうくさい」やら、「契約結婚」など、結婚に対してネガティブな言葉をよく聞きますが、「結婚したくてもできない」という人が多いのも事実。そんな中、婚姻届を3回、離婚届を3回書いた、いわゆる「バツ3」の結婚と離婚の達人がわたしの身近にいました。

50代男性一平さん(仮名)。結婚はいいもの、らしいですよ。

世間のイメージでは「離婚」は「失敗」ですね。でも一平さんは失敗と思っていませんでした。失敗だったとわかるのは「成功」してからだと。

結婚の成功ってなんですか?と聞くと

一平
わかんないから、うまくいってないんだけど、、、じゃないの?
まりこ
そうですね、、、。

単純に好きな人と相思相愛になって、人生の一大イベントである「結婚」を3回したなんてうらやましい!ということで、恋愛観・結婚観について根ほり葉ほり聞いてみました。

「遊びで終わってしまう女性と、結婚したい!と思う女性の違い」なども教えてもらったのでお伝えします。

結婚や離婚という言葉にネガティブなあなたの人生観、かわりますよ。

一平さん(仮名)

おひつじ座A型

現在独身のバツ3

職業:会社役員



初婚

一回目の奥様はどんな方だったんですか?

2歳上の当時働いてたバイク屋のお客さんでした。22歳から付き合いはじめて、3年目の25歳の時に結婚しました。

一平さんの6人目の彼女で、コンテストにも入賞したことがある、とっても美人さん。結婚は考えたことがなかったと言うのに、結婚しようと思ったキッカケはなんでしょうか。

友達ですね。「あの子が結婚した」とか周りの友達が結婚ラッシュで、彼女は年上だったし「しなきゃいけない」って思ったんだよね。

そして結婚式、新婚旅行はニューカレドニア♪で、お決まりの新婚旅行でケンカ。

しあわせな結婚生活、のはずが2年で家庭内別居、離婚。

別れようと思ったキッカケは?
信用されていなくて。友だちと遊びにいくにも、「どこに行くの?誰と行くの?」と根ほり葉ほり聞かれて。で、最後は探偵をつけられて僕が浮気したってことになり、別れました。

奥様がわがまま放題だったり、奥様のご両親とも気が合わなかったので(朝起きたら枕元にお父さんがいた)、離婚を受け入れたそうです。

慰謝料も特に請求されず、結婚指輪だけあげました。離婚しても特にさびしいとは思わず、再婚も全く考えてなかった。

どうしてそんなに結婚できる?

モテたい男性、結婚したい男性はたくさんいるのに、その男性たちと一平さんの違いってなんでしょう。

行動しているか、していなかだけ。女の子がいるところに行っていないか、女の子が好きだということを恥ずかしいと思ってるんじゃない?
そうですね。それもあって草食系男子が流行ったのかも。
女性に対してドキドキして話せいない、って人たちは大きな勘違いをしていて、女の子は好きって言ってほしい誘って欲しいんだよ。それができるか、できないかの差じゃないかな。

確かにそうかもしれません。いや、突き詰めるとそうですね。

もう一回確認しますが、結婚しているときは浮気はしていなかったんですよね??
してないよ!

2回目は授かり婚

31歳の時に、付き合って3ヶ月の5歳下の彼女とできちゃった結婚をします。

結婚するにはお金がいる、といいますが、できるもんなんですねえ。
いや、いりますよ!そのときは自営業だったので普通に借金して、アパートを借りました。

そして赤ちゃんが生まれ、あたたかい家庭を築く…はずが1年半で離婚。

完全に性格の不一致。もちろん人間だから合わせようとするし、合わせられないこともあるし、そこは我慢なんだけど「俺じゃなくてもいいの?」って思ったよね。
え、なんでそう思ったんですか?
向こうの親に仕事(自営業)の文句を言われたり、「親がこう言ってるから」っていうのが多くて。「俺はお前の親と結婚したわけじゃない!」ってね。

それって、女性(嫁)側だけじゃないんですね。別れようと言いだしたのはお嫁さんから。

子どもを連れて逃げようと思ったけど、子どもの顔を見たらできないよね。嫁のことも好きには好きだったよ。

親権が欲しくて協議離婚になりましたが、子どもはお嫁さんの元へ。借金もすべて返済して、慰謝料として300万のお支払い。このとき若干33歳。

結婚のメリットとデメリットは?

ここで一旦、話を整理します。

1回目の結婚も2回目の結婚も、お嫁さんの親御さんと気が合わなかったんですよね。再婚するときに、そのことは考えなかたのですか?
まったく1回目のことは考慮しませんでした。(笑)できちゃった婚だったしね。
結婚の良いところと悪いところって何ですか?
良いところは家に帰ろう、守ろうと思う気持ちが、仕事してても強くなろうと思うよね。デメリットは時間が拘束されること、かな。

いちばん充実していた3回目の結婚

バツ1はモテて、バツ2になるとモテない、結婚は厳しくなるという世間の声ですが、3人目の奥様は一平さんがバツ2であることに抵抗はなかったのでしょうか?

なかったですね。俺に惚れてたんで。(笑)

離婚してから一平さんは会社勤めをし、そのときの仕事仲間である7歳年下の女の子と付き合いはじめて、1年で結婚します。

結婚した理由はなんですか?
会社が倒産したんですよ。それで2人とも住むところがなくなって、僕の実家で母親と暮らし始めたのがきっかけです。
同棲ではなくて、いきなり同居だったんですね
結婚式は挙げず、親族で食事会をして、結婚指輪をあげました。長女が生まれて、実家のアパートの上の階に引っ越しました。

3年後に2人目の女の子が生まれて、二人の愛娘の子育てに奮闘しながらも、楽しく、いちばん充実した結婚生活だったという一平さん。

一平さんの仕事の関係で、家族に迷惑をかけないために12年で離婚。嫌いになって別れたわけではないので、子どもたちが一平さんの家に遊びにくると「復縁したい」という気持ちがあったそうですが、まだまだ仕事が落ち着いていなかったので、復縁には至りませんでした。

え、でも今でも復縁したいって思わないんですか?
思わないね。復縁したい、って時期を過えた。
タイミングとか、時期ってありますよね。時間の流れ…。
過去には戻れないんだよ。とても苦労をかけたし、申し訳ないと思ってる。あいつだけは幸せにしないと。

結婚したい!って思わせるにはどうしたらいい?

そろそろ結婚したいのに彼氏がプロポーズしてくれない、って悩みが多いのですが、女性経験が豊富な一平さんにとって、遊びで終わる女と結婚したいと思う女の違いはなんでしょうか。

一緒に生活することをイメージできるかどうか。一緒に朝ごはんたべて、お休みの日はおでかけして…って。
では、同棲は必要じゃない?
どっちでも。イメージできたらその通りになるし、できるように行動するでしょ。逆にイメージできなかったら、ない、ってことだよ。
うーん、では、結婚したときの妄想をさせてあげたらいいんですね。
でも、相手に合わせようとか、逆に、結婚相手には「こうして貰おう」とか考えて変に作りに行って、あとから「実は…。」って出す(出る)から終わる。だから自然体でいいと思う。
自然体でいれば結婚できるのかしら。
そういう相手に巡り会えるからね。巡り会うって作業は必要だよね。

出会いがないっていうけど、仕事で忙しくても朝晩電車乗ったら、半分以上男性でしょ。でもそこにはいないって諦めてる。そこは意識なんじゃない。

自分も相手も見た目で選んでいる。外見はイマイチだけど、内面はいいって人いるじゃない。こんな人でも結婚してるんだ?っていう人とか。それって、出会いがあって、カッコつけないでいたから感性が合って、一緒になれたんだよね。

うーん、カッコつけるって、いきなり2人では飲みにいかない、とかもそうかな?ネットでの出会いは嫌だとか。
そうだね。周りの目を気にしたり、相手にどう思われるかとかグチャグチャ考えてる間に良い男は少なくなっていくんだよ。この人と話したい、と思ったら誘う、好きだと思ったら好きだという。周りの目を気にしすぎ。

まとめ

確認ですが、また結婚したいですか?
結婚したいよ。守るものがあったほうがいい。
また離婚したら?って思わないですか?
別れることを前提に付き合わないよね。

人を学歴や年齢などで判断できないように、バツの数字で判断できないですね。エジソンじゃないけど「失敗なんかしちゃいない、うまくいかない方法をみつけただけだ」を思い出しました。私はダイエットの失敗は3回どころじゃないですからね…。失敗した数で人を判断するのはナンセンス。

失敗だ、不幸だと思っているのは自分だし、周りがそう言っているだけ。失敗したくない、と嫌われたくない、はイコールだな、と思いました。失敗しにいく、楽しみに行くんです。失敗を恐れていて何もしないより、たくさん経験して、その中から何か得るものがあるほうが楽しいですね。結婚したい、したくないのではなくてしたくなるものなのかもしれませんね。

おすすめの恋愛記事 好きになった彼は「彼女持ち」。誰も傷つかずに振り向かせる方法

失恋から立ち直る方法。〜早くこの辛さを忘れたい。

\ SNSでシェアしよう! /

MARIKOの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MARIKOの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

まりこ

まりこ

1979年8月生まれ O型 8歳の娘ひとり。

13歳からダイエットを繰り返す。その度にリバウンド。リバウンドのない世の中を夢見ています。

高校生の時に母親に泣きついて大手エステに通わせてもらい、それをきっかけにエステ・美容マニアに。費やした金額は…。

好きを仕事に!と、エステサロンや化粧品メーカーで働いた経験あり。芸能人の追っかけ経験もあり、少々オタク気質。


この人が書いた記事  記事一覧

  • 旦那の体調不良アピールが大げさでイライラする!最善の対処法とは。

  • 「新・都合の良いオトコ論」。都合が良くて何が悪い?

  • 気になる顔の余白をなくすには?バランス良い顔になる方法

  • 小学校時代にタイムスリップ「地獄のシャワー」覚えてる?

関連記事

  • 「彼氏ができない女」から脱却する方法

  • 恋愛と占い〜本当に当たる占いとは?〜

  • 【忘れられない恋愛】キセキの出会いと一方通行の結婚願望

  • 女磨きって何したら良いの?オススメの方法〜厳選4選

  • 【諦められない】彼女がいる人を好きになってしまう原因と対処法

  • モテる女になる!しあわせ感じる2016年のXmas*